カメラ初心者におすすめしたい一眼レフカメラ

オートでピントを合わせてくれるので、初心者でも簡単に扱えます。画質も綺麗でおすすめです。

また、「食べ物」は単焦点レンズがおすすめですよ。

最初はスマートフォン(おすすめはiPhone)を使用しつつ、仕事が軌道にのってからカメラの購入でも良いと思います!

2. ある意味「節税効果」



また、他ジャンルのライターにはないのですが、フードライターの最大の魅力は食費が浮いて収入が入る」というポイントです。

Webライターだけでなく、動画編集や物販、コンサルタント等のあらゆる仕事は稼くことはできますが、
「支出を減らし、稼ぐ」ことは難しいです。

フードライターの仕事は記事を書くために料理を食べる必要があることが多く、メディアからの依頼の場合は取材経費として飲食代がかかりません。

頼メディアによって条件は変わりますが、基本的には飲食代は無料です



そのため、ランチ、ディナーで支払うはずだった本来の食費が浮きます

そして+で収入が手に入ります。前述した「節税対策に近い」という部分はこのことを指します。

食費が浮けば出費が減るので、自由に使えるお金が増えます。これがフードライターの魅力のひとつになります。

3. 他ジャンルの案件に挑戦して収入UP



フードライターとして実績を積んだ後は、他のジャンルの記事執筆案件にもエントリーしましょう。すでに実績があるので他のジャンルの案件にも提案が通りやすいです

最終的にはどんなジャンルの分野も執筆できる総合Webライターとなり、フリーランスとして独立することも可能です。

また数名のライターを抱え、案件をさばく「Webディレクター」になると、自分が手を動かす作業が減り、さらなる収益のアップを狙えますよ。

フードライターに向いている人の特徴

ご飯を食べることが好き
情報収集や分析が好き
好奇心が強い SNSを利用している
主婦をしている



ご飯を食べることが好きな人にとっては天職と思える仕事だと思います。

また、トレンド製品、メニューに関しての記事を作成することが多いので、情報収集が得意な人や好奇心が強い人も向いています。

趣味でSNSアカウントにご飯を投稿している人も、「積み重ねる」という部分がライターと共通しており、適性があります。

ちなみにですが、「文章を書くセンスがないor苦手だから向いていない」と考えている人は安心してほしいです。

文章の書き方やライティングスキルは、要点を抑えて勉強すれば誰でも身に着きます

私のWebライター活動のバイブルとなっている本を3冊紹介します。

1. おすすめのライティング本①「伝わる文章の基本」



初心者ライターさんにバイブルとしておすすめしたい「伝わる文章の基本」。

この本は、相手に伝わる正しい文章を書くための93のルールを7つの章に分けて解説しています。

ライティングをする際に意識しておくべきポイントが簡潔にまとめられており、文章で悩んだ際にチェックできるように常に持ち歩いて欲しい本ですね。

初心者ライター時代にこの本をあればどんなに良かったか」と思えるほどの代物です。

おすすめのライティング本②「バカ売れキーワード1000」



売れるキャッチコピーを「図解形式」で検索できる本です。

こちらは、タイトルや見出し、訴求したいポイントなどを作成する際に非常に役に立ちます。

図解として活用できるよう、デスクのそばに忍ばせて置くことをおすすめしますよ。

おすすめのライティング本③「沈黙のWebライティング」



多くのライターさんがブロガーのバイブルとして有名な「沈黙のWebライティング」。

私もおすすめします。この本では「Webライター」が単価を収入をあげていくために理解しておくべき「SEO(検索エンジンの最適化)」に関して、本質的に学べます。

ぶっちゃけ、ライター初心者が読んでも「へぇ~~」としか理解できないと思います。

この本は「定期的に読み直す」ことで真価を発揮します。


ライター経験と比例してどんどん面白く感じられる本なので、是非お手元に置いて欲しいですね。

フードライターのメリット、デメリット



フードライターとして活動する上でのメリット、デメリットをまとめてみました。

1. メリット

趣味に繋がる
食費が減る 有名シェフや経営者を繋がりができる
美味しい飲食店に詳しくなる
トレンドを作れる



食べることを好きな人にとっては、メリットとなり得る点が多いです。食費が浮く点は、上述した通り、フードライターの魅力のひとつ。

また、自ら作った記事が世に出回り、流行やトレンドを作ることができるので、やりがいを感じられますよ。

2. デメリット

健康面にリスクがある
手間が多い
競争が激しい
報酬の安い案件が多い



フードライターとして活動する場合は、どうしても不摂生になりやすいです。

食べた分は、ランニングや筋トレなどを行い、健康面のバランスを考える必要があります。

また、取っ掛かりやすい分野ですので、クラウドソーシングサイトの案件に対して申し込み者が殺到することが多いです。

供給が多くなり、安い単価の案件が増えがちです。

安い単価の案件で疲弊しないために、高単価案件の獲得方法や収入をアップする方法を知っておいた方が良いです、是非、下記の記事も併せてご覧ください。

あわせて読みたい
副業ライターこそ単価交渉を!交渉を成功させる方法やポイントを解説【収入UP】 副業でライターをスタートさせたけど上手く収入が増えない副業ライターでも単価交渉を成功させたいこれから単価交渉に挑むんだけど、ポイントを知りたい この記事ではこ...

まとめ:フードライターは魅力たくさん



副業を検討している人、食べることが好きな人におすすめしたい「フードライター」の仕事に関して解説しました。

私自身、まったくの未経験・無資格からフードライターの仕事をはじめ、今では総合Webライターとして色んなジャンルの記事を執筆しています。

食べることが好きで、Webライターとして副業・起業を検討している人は是非、フードライターの仕事に挑戦してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【会社員&副業Webライター 】
28歳。Webライター歴2年
★副業ライターで月20万達成
★本業:Webマーケ 副業:ライター&ブロガー
◆SEOマーケティングアドバイザー資格を所有
Web業界未経験の食品メーカー営業員が副業で見に着けたWebライティングを活用し、Saas系上場企業のWebマーケ職に転職。
年収が120万円(10万/月)アップしました。
この経験を元に会社員が収入をアップするノウハウ(ライター・ブロガー・転職)を発信しています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次